屋根が破損したので自費で直さなければいけないなぁと
お悩みではありませんでしたか?

でも大丈夫です。なぜなら、築10年を過ぎた家の屋根は
火災保険で修理できる可能性がとても高いからです。


保険証券をご確認ください!
あなたの火災保険にも「風災・雪災」補償が付いていますよね?


ほとんどの火災保険(住宅総合保険や住まいの保険など)には、「風災・雪災」補償特約が付いています。通常、経年劣化で傷んでいると思われる屋根であっても100%の傷みが経年劣化によるものではありません。傷みの原因のほとんどは強風や大雪の影響によるものなのです。

ですから、例えほんの些細で部分的な瓦やスレートなどの破損であっても火災保険で修理できます。もちろんあなたが自腹を切ってお金を支払うことはありません。保険金だけで元どおりになります。

しかも火災保険には何度使っても掛け金が上がらないというメリットもあります。使えば使うほど保険料が上がる自動車保険に比べ、これは消費者にとって嬉しい制度ですね。

ただし、火災保険金の申請代行業者にはご注意ください!

ここ数年、火災保険を使えばタダで屋根が直るという売り文句で、「保険金を申請するための書類を代行して作成します」という商売が流行しています。このような業者はあたかもリフォーム店のように装ってはいるのですが、本当は単なる建築ブローカーで、工事契約を結んだあとは下請けの工事業者に丸投げというのが実態です。

風・雪災害による屋根の修理費は「0円ゼロエン」ではありません!

実はこのような保険金の申請代行業者は、損害保険会社はもとより損保協会、国民生活センター(消費者協会)でも問題視されており(左図参照)、注意喚起の対象となっています。

従来は訪問セールスが主でしたが、昨年あたりからホームページによる勧誘も活発になっているようですから注意してください。

手口としては「0円修理」を強調している点ですが、保険金の振込み先を業者の口座にするよう指示されるため、家主さん側がお金にノータッチになることによってまるでタダで直ったような錯覚に陥ってしまうのです。

しかし保険金はあくまで保険会社から保険契約者である家主さんに支払われるものです。つまり、それはあなたのお金なのですから、有効に使われるよう、工事内容をじっくり見極めなければいけません。

タダで直るという感覚でいると、代行業者に保険金の半分も利益として持っていかれてしまい、結果として粗悪な工事しか出来ないということになりかねません。実際、それが大きな問題のひとつとなっているわけです。

そこで当社では、火災保険による屋根の正しい修理の仕方に
ついて啓蒙活動を始めました

火災保険を活用した屋根修理のセミナーを定期開催しています

申し遅れました。「低コスト・リフォーム研究会」の
森幸夫(もりゆきお)と申します。

「マイベストプロ埼玉」専門家
「賃貸経営博士」コラムニスト

当社は、リフォーム工事を中心とした建築業者ですが、顧客サービスの一環としてお客様がご加入されている火災保険の「風災・雪災補償」について、無料で「保険申請サポート」をさせていただいております。

もし屋根の破損が風雪災害によるものであれば、その保険金を屋根の修理費用に充てることで「自己負担無しの屋根修理施工」が可能です。

本来、このようなアドバイスは建築業者がお客様へ積極的にすべきだったのですが、一般の方が火災保険で屋根を直す知識を持っていないことをいいことに、建築業者も面倒な保険申請の手間を極力避けて通りたいことから見て見ぬ振りをしてきたという経緯があります。

昨今の、詐欺的な火災保険金の申請代行業者がはびこってきた原因のひとつは、実はこのような業界の裏事情というか、悪しき習慣によるところが大きいのだと私は思っています。

そこで私は、一昨年より関東各地で『火災保険を活用した屋根などの修理について』のセミナーを開催し、より多くの家主の皆さんに火災保険の有効活用法について知っていただこうと啓蒙活動を行ってまいりました。その結果、セミナー参加者の中からこれまでに述べ170軒以上のお宅で保険金が下り、自己負担なしで屋根の修理を実現することが出来ております。

下記は、セミナーの一部を抜粋した動画です。よろしければぜひご覧になってください。


火災保険を掛けているのに保険金を申請できない人が多いのはなぜ?


当社が担当した約8割の屋根はこのような結果が出ています

実績

雨漏り修理 瓦補修 板金交換
雨どい修理 漆喰補修 カーポート修理

火災保険の風災補償で屋根が修理できたお客様からご満足の声をいただいています

川越市 S様

築21年の屋根は2度ばかり塗り替えしをしていたものの、雨漏りが酷いので見ていただきました。その結果、火災保険からお金が下りたので、自己負担をすることなく屋根材の全面葺き替えができました。

お客さまの声1

東松山市 A様

築32年の屋根は幾度もの台風や突風により瓦が剥がれ、砕け落ち、庭にまで散乱している状態でした。風災補償が認定されたことによって、雨漏りこそしていなかったものの下地材から屋根材まで全面的に葺き替えることができました。

お客さまの声2

上田埼玉県知事より激励をいただき、県の「経営革新計画承認制度」に認定されました!

     

地道な活動が評価され、平成26年夏に上田知事より激励のお言葉をいただきました。

     

上田知事と

また平成27年11月には、建物の火災保険調査に関する業務の標準化を図る弊社の取り組みが、
県の「経営革新計画承認制度」に認定されました。

経営革新計画承認書

     

お申し込みはコチラ

現地調査のお申し込みから保険適用修理までの流れ

     

お申し込みから保険適用修理までの流れ画像

お寄せいただいたご質問

これまでにお寄せいただいたご質問にお答えいたします。もし他にご質問がございましたら、お気軽にお問い合わせフォームよりお問い合わせ下さい。

本当に保険で屋根が直せるのですか?

はい。大丈夫です。「火災保険」というと火災の時だけ使える保険だと思い込んでいる方が多いようですが、実際には火事以外の災害に対しても火災保険を適用できるケースが数多くあります。例えば、「突風で瓦がはがれた」「雨漏りや雨染み」「台風で屋根が破損した」「雪で屋根が破損した」など、「風」「水」「雪」によって屋根が破損した場合は保険の対象になります。

我が家で入っている保険でも大丈夫でしょうか?

民間の損保会社か教職員共済、JA共済の「むてき」「まもり」であれば大丈夫です。ただ、保険の種類によって保障内容が異なる場合がありますので保険証券を確認させてください。

保険を使っても本当に保険料が上がらないのですか?

本当です。保険適用後も保険料の値上げは一切ありませんのでご安心ください。しかも火災保険は何度でも申請できるんですよ。

屋根の調査だけでいいのですが、お願いできますか?

「屋根の調査のみ」や「保険金の申請書作成のみ」というサービスは提供いたしておりません。なぜなら、私たちが持つ保険修理の専門業者ならではの高度な損害調査能力は、同業他社とは違い非常に高い付加価値を持つものと自負しているからです。ですから、「屋根の調査」と「保険金の申請書作成代行」作業は、火災保険で屋根を修理するための付加的な業務であるとご理解していただければ幸いです。

     

お申し込みはコチラ

特定商取引法に基づく表示

社名 アイプロ株式会社
屋号 低コスト・リフォーム研究会
運営統括責任者 森 幸夫
設立年月日 個人事業設立1994年
法人設立2001年
低コスト・リフォーム研究会設立2004年6月15日
所在地 〒362-0063 埼玉県上尾市小泉64-5
TEL/FAX 048-699-4388 / 048-871-5592
営業時間/休日 9:00-18:00 毎週日曜日定休
事業内容 外壁塗装、屋根塗装、非常階段などの鉄部塗装等の住宅・建築塗装全般、
断熱塗装。火災保険申請代行など
その他 1埼玉県経営革新計画承認企業
上尾市商工会議所会員
Page top icon